会長あいさつ

HOME > 会長あいさつ

会長挨拶

会長

公益社団法人
北海道獣医師会
会長 高橋 徹

 北海道獣医師会のホームページにようこそおいで頂きましてありがとうございます。
 当会は昭和23年9月社団法人北海道獣医師会として設立され、公益法人制度の改革に伴い、平成25年4月1日に公益社団法人北海道獣医師会として新たなスタートを致しました。
 公益社団法人北海道獣医師会は、全国都道府県の中で会員獣医師数が一番多い会であり、平成26年2月現在2,986人の会員で、現在北海道内にいる獣医師の約90%の人が獣医師会に加入しております。

 私ども獣医師会の目的は、獣医学術の振興・普及、獣医事の向上、獣医師道の高揚を図り、もって畜産業の振興、公衆衛生の向上、動物の愛護及び自然環境の保全に寄与することであり、これらの目的を達成するため次の事業を行っております。

(1)獣医学術及び動物診療技術の振興・普及
(2) 家畜衛生及び畜産業の振興を支援
(3)人と動物の共通感染症の予防その他の公衆衛生の向上に関する事
(4) 野生動物の保護及び管理に関する事
(5) 獣医学術及び獣医事の国際交流に関する事
(6) 獣医学術関係書籍等の発行並びに情報の提供に関する事
(7) 災害時における動物救護に関する事などです。

 広い北海道でのきめ細かな活動の為に全道を13の支部に地区割をし、それぞれ支部の独自性を生かして活動しております。各支部の所轄区域、連絡先等は「各支部のご紹介」ページをご覧頂きたいと思います。

 道民・市民の皆さんに、「獣医さんの仕事はどんな事をしてるか知っていますか?」と聞きますと、「動物のお医者さんだから、動物病院ですね」と答える方がほとんどです。
獣医師の職域は多岐にわたって広い範囲の仕事をしています。
 北海道には全国の獣医系16大学のうち3大学がある事で教育・研究分野の方も多くおります。また、酪農畜産王国になくてはならない産業動物臨床関係、家庭で飼育されているペットを中心に診療している小動物臨床関係、道民の食の安心安全を守る家畜衛生・公衆衛生関連の公務員獣医師と野生動物関連等多岐にわたる職域であります。

 私達は北海道540万人の食の安心安全を確保し、人と動物の絆がこころ豊かな安らぎのある社会の構築に努めていきたいと考えております。
 その大前提に、動物の感染症を、また狂犬病や新型インフルエンザを含めた動物由来感染症を発生させない為に日夜努力をしております。
 是非ホームページをゆっくりご覧頂き、獣医師会へのご理解を深めて頂きたいと思います。

平成26年(2014)4月

Copyright hokkaido juishikai Allright Reserved 2013.